« ニューヨーク便り5 「Chef’s Table at Brooklyn Fare」 生涯記憶に残るディナー | メイン | 函館「第4回世界料理学会」とレストラン「バスク」の鱈料理 »